Rules ルール

Divisions: There will be two divisions in the RoboSumo Challenge. A Lego division for grades 3 – 5 and another for grades 6 – 8.

Sumo-bots: All participating robots, known as sumo-bots, must be constructed out of Lego pieces only. Sumo-bots must be completely autonomous – that is, acting independently of humans—and not containing any custom sensors. Teams are allowed a maximum of three motors and four sensors.

Teams are allowed only one sumo-bot per team. To clarify, there should be one core robot from which attachments can be added or removed.

Robot Specifications

Lego Division
(grades 3 – 9)

VEX Division
(grades 6 – 12)

maximum sumo-bot mass

1 kg

3 kg

maximum sumo-bot width and length

23 cm

46 cm

maximum sumo-bot height

no limit

no limit

Multiple programs are allowed. If, during the event, any contestant deems it necessary to change or update his or her program(s), he or she can do so, as long as the contestant’s sumo-bot is not currently participating and is not currently needed on the arena. Programs should contain a 5 second wait at the beginning of each program.

Robot weight, length and width: All sumo-bots will be checked for weight and size specifications before being admitted. Teams will have the opportunity to reduce their sumo-bot’s weight and/or size if it exceeds the allowable limits. Sumo-bots that fail to meet these specifications will not be allowed entry.

Robo sumo arena:

LEGO Division
(grades 3 – 9)

VEX Division
(grades 6 – 12)

Sumo ring diameter

77 cm

154 cm

Sumo ring border width

2.5 cm

5 cm

Sumo ring height

2.5 cm

5 cm

The arena is made out of plywood. The surface is painted flat black and is bordered with a white line. There will be a 100 cm restricted area around each sumo arena.

The games: Games consist of a round robin qualifying matches followed by a double elimination finals match. Depending on time the judges will determine the number of sumo-bots to continue to the finals match.

Round Robin: Each robot faces every other robot, one at a time, in a match.

Double Elimination: Upon losing two matches, the sumo-bot is out of the contest.

Use of heats: The judges may decide to use heats during the qualifying matches if it is deemed necessary. In a heat, the robots are divided into smaller groups and sumo-bots play matches against each member of their group.

The Play: Teams will be called to the game board. If a team does not show when called they will lose the match. At the beginning of a match, one team member will enter the 100 cm restricted area and place their team’s sumo-bot in the arena. Sumo-bots must be facing 180 degrees away from their opponent. The judge will call the beginning of the match at which time the players will start their sumo-bots. They will then have 5 seconds to leave the restricted area before their program activates. The first actions a sumo-bot makes may not be to move toward the center of the arena. To clarify sumo-bots must turn at least 90 degrees before engaging their opponent. A match lasts up to 3 rounds or 3 minutes.

If the 3-minute time permitted for a match has run out and there has been no victor, a sudden death match will be permitted. (see “Sudden Death”).

A round is over when a sumo-bot is either pushed off or falls off the arena, or is tipped over.

A replay occurs when: 1. the sumo-bots are entangled for 30 seconds (for example both sumo-bots are in a forever loop).  2. Both sumo-bots are making no reasonable progress after 30 seconds towards finding their opponent.

Time Out: Each team is allowed one time-out within one match. Time-outs take place between rounds. Time-outs will last 1 minute and apply only for the requesting team.

Replay: When a replay occurs the clock is stopped and the current round starts over.

Sudden Death: A sudden death match lasting one minute will take place if after a three minute match there is no winner. If no sumo-bot is determined the winner during sudden death in the qualifying matches the winner will be declared by rock-paper-scissors. During the finals matches the teams will have a five minute time-out and they will play another match.

The End of a Match: After one victory at the end of a three minute match, two victories, or a sudden death, the match is declared over.

The Determination of a match: A sumo-bot must win at least one round to win a match. All rounds will be determined by a judge. All the judge’s decisions are final. All violent actions are prohibited. RoboSumo is a non-violent game of pushing and lifting. Judges can disqualify any sumo-bot that performs any action deemed violent. Such actions include the use of sharp objects, liquids, or flame.

Sumo-bots may not drop any Lego piece(s) or any other object on the arena’s surface. Anything that may be dropped on the arena, intentionally or unintentionally, will be immediately removed by the judges. Sticky substances to improve traction are not allowed. Sumo-bots must be mobile. Immobile sumo-bots will be deemed unwilling to fight and will lose the round. If they are unable to regain mobility during a time-out they will lose the match.

部門:ロボ相撲フレンドリーは、小学3年から中学3年生を対象としたレゴ相撲部門と、小学6年生から高校3年生を対象としたベックス相撲部門の2部門で行われる。

スモーボット:大 会に参加するすべてのロボット(これを”スモーボット”と呼ぶことにする。)は、レゴもしくはベックスのパーツのみを使用して組み立てられなければならない。これらのスモーボット は自主的に動くものとし、リモートコントロールの使用等は認めない。スモーボット1台に対し、最大3つのモーターと4つ のセンサーの使用を認める。

ベックス部門においては、オートマティック部門とリモートコントロール部門を設ける。チームは、両方のカテゴリーに参加する事が望ましい。

1チーム1ロボットの参加が認められる。1つのチームロボットにパーツの取り付け・取り外しが可能である。

使用可能なロボット:

レゴ

部門
(
小学3年–中学3年)

ベックス

部門
(
小学6年–高校3年)

最大重量

1 kg

3 kg

最大幅

23 cm

46 cm

最大の高さ

制限なし

制限なし

 

使用する電子パーツには、レゴマインドストームもしくはベックスで使われる機種を使わなければならない。複数のプログラムの搭載は認められる。必要であれば試合の 途中でプログラムのアップデートや変更を加えることができる。ただし、試合時間に遅れる事があってはならない。また、すべてのプログラムは起動する前に5秒の待ち時間をいれる必要がある。

スモーボットの大きさ:すべてのロボットは登録時に計測および計量を行う。この時点で制限サイズを超えるものは修正および再計量が可能である。規定に見合わないサイズのロボットは原則大会への参加を認めないこととする。

アリーナ:

レゴ

部門
(
小学3年–中学3年)

ベックス

部門
(
小学6年–高校3年)

リング直径

77 cm

154 cm

リング縁幅

2.5 cm

5 cm

リング高さ

2.5 cm

5 cm

アリーナ用の合板の表面は平らで黒く塗られ、白い縁取りがあるものを使用する。それぞれの スモーアリーナの周りには100cm出入り禁止エリアが設けられる。

試合形式:予選はラウンドロビン形式、決勝は二敗形式にて行う。時間により、審判が決勝に進めるスモーボットの数を決める事とする。

ラウンド ロビン形式:各ロボットは他の すべてのロボットと対戦する形式。

二敗形式:三試合のうち二回負けると、失格になる形式。

ヒート試合:審判によって必要とされれば、予選会においてヒート試合を行う事もある。この試合では小グループに分けられ、スモーボットは各チームと試合をする。

ゲームの流れ:各 チームは順番にチーム名を呼ばれ試合に臨むが、その場にいなかった場合、不戦勝扱いとなる。まず、隊員一人が100センチの立ち入り禁止区域に入りスモーボットをアリーナに置くが、スモーボットは必ず相手に背中が向いているように置く必要がある。審判が始めの合図を出すと同時にロボットを起動し、5 秒以内に禁止区域から出なくてはいけない。試合開始に際し、スモーボットはセンターラインとは異なる方向にセットされ、相手と組む前に少なくとも90度回転しなければならない。1ラウンドに3分上限の試合を合計3回行う。

もし3分間の試合で勝敗がつかない場合、サドンデスを行う。(“サドンデス”を参照)

試合は、スモ-ボットがアリーナから落ちたり、押し出されたり、倒されるかした時点で終了する。

再試合:以下の条件を満たした場合、審判によって再試合が認められる。

1)スモ-ボットが組みあい、試合経過が30秒間変わらない場合。(例えば、円を描き続ける軌道に入ってしまった場合。)

2)30秒経っても、どちらのスモーボットも相手に接触できないと見込まれる場合。

タイムアウト:プログラムを修正したり機械の不調を直したりする為に、どちらのチームも1ラウンドにつき1回のタイムアウトを取ることができる。タイムアウトは1分間とし、要求したチームのみに適用される。

再試合:再試合が行われる場合、時計はリセットされ、再試合の開始と同時に新たに計測を始める。

サドンデス:3分間の試合で勝者が決まらない場合、1分間のサドンデスを行う。予選会において勝負のつかない場合は、ジャンケンで勝者を決める事とする。決勝においては5分間のタイムアウトの後、再試合を行う。

試合終了:3試合中2回の勝利、またはサドンデスで勝利した場合、そのラウンドは終了する。また3試合中1度の勝利、2回の引き分けの場合も勝敗は確定し、ラウンドは終了する。

勝者の決め方:

全ての試合は審判に勝敗の決定権があり、その判断が最終結果である。ロボ相撲では暴力行為は禁止されている。審判によって危険だと判断された行為を犯したチームは失格となる。例えば、鋭い物体を使った行為、液体や炎を使った行為などがあげられる。

スモーボットはアリーナ上にレゴまたはベックスのピースや他のものを落としてはいけない。どのように理由であっても、アリーナに落とされた物体は審判が拾いあげることになる。粘着性があるものタイヤや本体に使ってはいけない。

スモーボットは稼動できる状態であること。ロボットが起動できない場合、試合を放棄したことになり相手の不戦勝扱いになる。また、タイムアウトの時に再起動できなければその試合は相手の不戦勝となる。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s